So-net無料ブログ作成

減塩志向 [健康]

40代の半ばくらいまでは、好きなものを好きなだけ食べ飲んでいましたが、40代後半50代になると事情が変わってきます。
日頃の怠惰な生活習慣から健康診断では、高血圧、高コレステロール、高脂血症などと大概の人が診断され、生活態度を改めるよう忠告されます。
それでもさほどの異常値でもなければ忠告だけで済みますが、私の場合は血圧、上が185、下が135、中性脂肪は500以上もあり、即治療せよ!とのお達しが。
私、太ってはいないんですが母方の遺伝なのか、叔父叔母いとこと、みんな高血圧、脂質異常症を持ってるようです。
つまり普通の人より更に厳しく食事管理などしないとダメということですね。
実に迷惑な話ですが、こればかりはどうしようもありません!。
降圧剤などを飲みつつ塩分も控えめに。
薬を飲むのはただ飲むだけですからどうということはありませんが、塩分控えめは結構辛い!。
治療を契機にカップ麺などの別添えスープは半分に、天ぷら蕎麦やラーメンはスープを残す。
薄味にしたカップ麺は、それはそれは味気なく寂しいものです。
天ぷら蕎麦は、スープに浸みた天かすや天ぷらのかけらを食べつつ、スープを飲み干すことが出来ない!。これは非常に苦痛であり切ないことです(笑)。
味噌汁飲みません、トーフに醤油かけません、減塩醤油に減塩ソース。
まあ、高血圧症は痛くもないし辛くもないので、塩分など気にせず食べてしまうこともできますが後で大変なことになります。
私も最初のうちはそうでした。高血圧症と言われても、「へえ、それで?」とか思って気にしませんでした。
でも50前後にもなると、周りの同世代で脳梗塞など起こして倒れる者も出てきます。
親も歳をとり病院などの付き添いに行く機会も増え、そこで半身不随になった人とかを実際に見たり話を聞いたりします。これが結構効くんですよね。
中には30代40代で倒れた人もいて、こうはなりたくないなと思う。
それ以来、塩分は控えめで通して、今では血圧も下がりました。
しかし脂質異常症もあって、甘い物も粉物(炭水化物)も控えめにって、更に辛さは続きます、
たぶん一生(笑)。
食品メーカーさん。塩分が少なくても、美味しいもの。いっぱい食べても大丈夫なスウィーツとパンやご飯、開発してよ!!!(笑)。

でも最近は塩分控えめなカップ麺も↓
減塩カップ麺.jpg
近くのスーパーで100円くらいでした。
nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 1

みー

私は体重の割に体脂肪が多いのです。
コレステロールと糖尿病の一因になるでしょうか…
何しろ母がそうですから。
by みー (2017-07-14 09:25) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0