So-net無料ブログ作成
検索選択

そういえば、電車に乗ってない!(青春の思い出とか 2) [雑記]

知人が東京へ引っ越すそうで、「じゃ、これからは何をするにも電車で移動だね」と話していて。
そういえば、最後に電車に乗ったのいつだったろうか?と、ふと頭に思い浮かびました。
記憶を辿ってみてももなかなか思い出せません、どうやら思い出せないほどの昔らしいです。
やっと、板橋のいとこの家に行ったのが最後らしいと気づいて驚きました、もう10年以上も前だったからです。
最寄りの駅まで決して遠くはないんですが、JRの駅にも私鉄の駅にも前は通りますが、もう何年も行った記憶がありません。
まあ地方住民はどこも似たようなもので、車で移動はもはや地方住民の常識でしょう。
もっとも私の場合は、その車すら使わず、通勤、買い物、ほとんど自転車です。
職場が近く、スーパーや商店が家の東西南北どちらに行っても、近くにあるという好条件に居住してるからなんですけどね。
おかげで地方住民にしては珍しくガソリン入れるの、旅行行くときくらいなので年に4〜5回くらいです(笑)。

大昔の切符が出てきました。
昭和56年11月10日。小田急線、新宿ー箱根湯本 乗車券と特急券。記憶にあるような、ないような・・・。
小田急乗車券.jpg小田急特急券.jpg
10年以上も乗ってないので今や電車の切符の買い方さえわかりません。
頻繁に電車に乗ってたのって東京で暮らしていた昭和50年代ですから、だいぶ変わっていることと思います。

なぜか西日暮里の乗車券が出てきました、昭和51年ですよ!、なんと30円!。
西日暮里.jpg

五反野駅(東武伊勢崎線)、西日暮里(山の手線)都立家政駅(西武新宿線)、鶴瀬駅(東武東上線)と移り住み、毎日のように電車を乗り降りしてました。
当時は自動改札もなく改札口で駅員さんが凄まじいスピードで切符に鋏を入れてまして、もちろんSuicaなんて便利なものもありません。
何系?電車なのか詳しく知りませんが、山の手線が緑色単色電車、京浜東北線が水色単色電車、中央快速線がオレンジ単色電車、総武線が黄色単色電車で走っていた時代です。
東武も西武もまだ非冷房車が結構あって、たまたまその車両に当たるとがっかりしたのを覚えています。
地下鉄も東京メトロではなく営団地下鉄と呼ばれてて、もちろんホームドアなんてどの駅にも設置されていませんでした。

昭和56年7月8日。都営地下鉄線連絡、連絡区間変更券、なんでしょうか?
地下鉄.jpg
私の主な活動拠点が池袋だったのですが、池袋駅は今だいぶ変わったようですね。
当時は新宿湘南ラインも埼京線もなく、池袋と赤羽の間をピストン輸送する赤羽線しかありませんでした。
国鉄(JR)池袋駅はホームは2ホーム4線しかなく、山の手線外回り3番線と赤羽線4番線が隣り合って常に激しい混雑を引き起こしていました。
おまけに赤羽方面から新宿へ乗り換えるには階段を使い隣の内回り2番線まで行かねばならずとても不便でした。
今は4ホーム8線あるようですが混雑は解消されたのでしょうか?。
たまには行ってみようと思うのですが、当時は混雑した駅を人を縫うように歩けたのですが今はとても無理でしょうね。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0