So-net無料ブログ作成

女性ホルモン 精神面 [GID(GD) MtF]

ホルモン剤を始めてから精神面でも変わりました。
もう男を意識しなくていいんだと、気分的に楽になりました。
もちろんホルモン剤を始めたばかりで男で無くなるわけはありませんから、思い込みに違いないのですが。
これから先、長年の違和感が解消されて行きそうな予感がしています。
私は完全な女性化は目指していません、男じゃなくなればいいわけで「MtX」なのかも?。
最大の理由は歳をとってしまったからです。
男として長く生きてきて、ある日「実は、私は女だったんです」って言われても周りは混乱するだけです。
最近はLBGTも知られるようになりましたが、まだまだ一般の人にとっては変態、理解を超えた異形の人に見えることでしょう。
トランスして一番の問題なのは、それまで勤めていた職場に勤め続けられるかです。
理解のある会社ならいいでしょうが、そうでないことだってあり得ます。
下手をすれば失業し、再就職も男であった時より、より難しく厳しくなることでしょう。
これは死活問題で、トランスしたばかりに路頭に迷うことになります。
トランスするならやはり、より若い方が良いと思います。
若ければやり直しもききますし、社会的にもそれほど男として認知されていないはずです。
中年になってしまうと人によっては家族を抱えている場合もあるでしょうし、会社でも中堅ベテランとなり転職もしづらく、ある程度の社会的地位もあって周りの理解が得られにくい環境なっているかも知れません。
その他、家族や親類の問題、法的問題、などなど、多くの難問が待ち受けています。
私が女性ホルモンを始めようと決断したのは、そろそろ引退の時期も近くなり、家族親戚にもそれほど迷惑もかからず、仕事をせずとも少ないながらも安定した収入を得られる年齢にこれから達するからです。
近所の人たちや顔見知りの人たちは私の変貌に驚くかも知れませんが、それで生活が破綻するわけでもありません。
静かにおとなしく周りに迷惑をかけずに生きていけばいいのです。
最後は自分の自然な性で死んでいけたらと思っています。

でも、やはり、今若ければという思いはあります。
今もトランスジェンダーに対する認知度はまだまだと思いますが、昭和50年代に比べればまだずっとマシだからです。
当時私は、女性化したいという思いをひた隠しにしていました。
たとえ親友にさえ言える状況ではなかったからです。
なるべく目立たない衣料品店に行き、レディース物をこっそり買ったこともあります。
こんな自分を、女装趣味の変態で異常な人間ではないかとずっと悩み続けていました。
前にも書きましたが、その頃は歳をとれば治ると信じてましたが、自分を安心納得させるための信仰みたいなものだったのではないかと今では思っています。
当然のことながらいくら歳をとっても治りませんでした。
当時はネット情報なんてありませんし、私のような人間は密かに自分1人で悩むしか術がなかったんです。
でも今は違いますよね!、ネットで検索すれば同じように悩む人たちが大勢いることがわかります。
ネットでホルモン剤のことを知り、多くの経験者の文章に励まされました。
変態ではなく障がいの一種であり異常なのではないと今は理解しています。
この状況でなら、もし今若ければ完全に女性化もありかなと思いますが・・・、でも、やはり、かなり悩むでしょうね。
手術は痛そうですし(笑)、アフターケアも大変みたいだし、いろいろ考えると踏ん切りがつかないかも?。
でも私は小柄で色白なので(顔、スタイルは別として)女性化にはちょっと自信があります!。
若い頃はよく女の子に間違えられましたし・・・。
そう言えば、MtFの人って背の高い人が多いみたいですけどなぜなんでしょうか?。
中には180cmを超える人も少なくなくなく、前から疑問に思ってました。
私は155cmしかなく完全な女性サイズで、女性としても今時小柄な方でしょう。
この場合恵まれてるって言えるんでしょうかね?(笑)。

もう歳だからと、自分の写真はブログにアップするを躊躇してましたが、そのうちアップする(顔以外?)かも知れません(笑)。
nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。