So-net無料ブログ作成

私はホントは左利き [雑記]

右利き左利きを判断するさい、箸やペンを普段どちらで持つかは重要な判断材料になると思いますが、私は右なんですよね。
では右利きかというとそうでもないんです。
実は左の方が力が入るし、自分でコントロールしやすいんです。
通常箸を持つのは右ですが、左でもなんとか持てます。
通常ペンを持つのは右ですが、左でもなんとか書けます。
ハサミは右でも左でも使えますが、左を使った方が自分にとっては自然に感じます。
ボールなどを投げる時は常に左を使います、右では力が入らず不自然な感じでとても投げにくいからです。
以上のことを頭に置くと、さて、私は右利きでしょうか?、それとも左利きでしょうか?。
それは自分自身が一番良くわかっています。
断言します、明らかに私は左利きです!!!。
箸やペンが右なのは幼児の頃慣らされたただけであり、生まれた時から本当は左を使うはずだったのです。
私の母親は昔の人(戦前生まれ)ですから利き腕は右という先入観が根強くあったのでしょう。
生まれた自分の子供に箸を使うのを覚えさせようとするとなぜか左を使いたがる!。
利き腕は絶対に右と盲信する母親は狼狽えた。
これは由々しき問題であり、この子のためにすぐに直さねばならない!。
このままでは将来、この子が社会で恥をかくことになる!。
などと、自分勝手な正義感が燃え上がったに違いありません(笑)。
「こら!、そっちの手じゃないでしょ!」
「こっちの手を使いなさい、こっちの手を!!!」
「茶碗を持つのが左!、箸を持つのが右!
「えんぴつも、もちろん右!」
と、日夜訓練の日々が続き、子供はついには目出度く右を使うようになる。
こうして私は偽右利きにされてしまったのです。
しかしながら、社会全体が右利き用にできてますから母親の危惧も理解はできます。
左利きは野球選手以外はあまりメリットなさそうですし。
でもねえ、左利きはやっぱり左利きなんですよ。
いざという時は利き腕である左を本能的に使うし、左を使う方が自分にとっては自然なんです。
まさか、今のお母さん方はこんなことはしていないとは思いますが・・・。
利き腕はその子の自由意志に任せるのが、やはり自然ではないかと。
利き腕変更で私の心がダメージを受け、性格が多少ひん曲がった可能性も否定できません(笑)。

 *****************************************

昭和時代より今は左利きが多いように感じますが、それだけ認知されてきたということなのでしょうか?。
欧米は左利きの人多いように見えますが、国にや地域のよって差があるものなんでしょうか?。
調べてみると面白いかも知れません。
本当かどうか知りませんが、動物も利き腕(利き前足?)があるそうで。
猫は雄はほとんどが左利き、雌はほとんどが右利きだそうですが、本当なんでしょうか?。
nice!(0)  コメント(0)