So-net無料ブログ作成
検索選択

めまい 3 〜 偏食体質 [健康]

ヤバイ!、めまいが、ぐる[台風]から、ぐるぐる[台風]へ、悪化してきました。
しかも頻度も上がり、夜中トイレに起きた時など、気をつけないとよろけてしまいそうになります。
ひどい状態ではないんですけど、相変わらず困ったもんです。
めまいが起きやすい人って、男女比では女性の方が多く、自律神経が乱れている人とか、貧血気味な人、虚弱体質な人だそうです。
自律神経って言われてもよくわからないです?。
血液検査の結果から、貧血気味というのは当たってるかも?。
十分人並み以下の体ですが、さすがに虚弱体質ではないとは思いますけど(笑)。

犯人は貧血なのでしょうか?。
鉄分の多い物を食べなさいということなのでしょうか。
鉄分の多い食べ物は、ほうれん草、レバー、こんにゃく、のり、ひじき、などだそうです。
せいぜい。こんにゃく、のり、ひじきを頑張って食べましょうか!。
でも、レバー駄目なんですよね、大嫌いなんです!。
私、子供の頃から偏食気味で、決まった物しか食べませんでした。
あまりの偏食に、母を泣かせてしまったこともあります。
だから大きくなれなかったんだと思います。
野菜は大丈夫ですが、特に苦手なのが生系です。
生肉駄目(よく焼けば大丈夫)、生魚も基本的に駄目(イカとか蛸なら少量OK)、つまりお刺身や握り寿司も、ホテルに泊まった時など以外滅多に食べません。
握り寿司が駄目と言うと、みなさん、信じれれないという顔で私を哀れんでくれます(笑)。

ほっと○っとの数少ない魚弁当メニュー。
サバ弁当.jpg
以前焼き魚も駄目でしたが、健康のため今は無理して食べてます。
大人になってだいぶ食生活を改善させたつもりですが、「三つ子の魂百まで」とのことわざ通り、偏食の根っこは変わっていないようです。
nice!(0)  コメント(0) 

めまい 2 [健康]

予想通り、めまい、再発しました!。
相変わらず右に頭を振るとめまいが起こります。
症状は前2回に比べると軽めで、ぐるぐるぐる[台風]、ではなく、ぐる[台風]、で終わり、2、3秒で治ります。
軽くても鬱陶しいのは同じで、寝るとき時などは目を閉じながら横になります。
目を閉じてると周りが見えず、[台風]ぐる、が、わからないので(笑)。
もっとも、右に頭を振ると常にめまいが起こるので、その度に目を閉じるわけにもいきません。
うっかりちょっと強めに頭を動かしてしまうと、「あっ!、失敗!」ぐる[台風]、となります。
さて、今回のめまいはどのくらい続くのでしょうか?・・・。

あああああっ!、めまいは、もー嫌だ!。

健康診断ー結果 [健康]

健康診断の結果が出ました。
胃、肺、大腸、今のところ大丈夫のようです。
その他の一般健康診断も概ね良好で問題ないようですが、相変わらず貧血検査などの項目で(毎年多少上下するも)値が低いです。

貧血項目.JPG

赤血球ー417 (男正常値 430ー570) (女正常値 380ー500)

血色素ー12.8 (男正常値 13.1以上)(女正常値 12,1以上)

ヘマトクリットー38.2 (男正常値 42ー53)(女正常値 37ー47)

このうち「ヘマトクリット」とは血液の濃さらしいです。
値が大きければ血液は濃く、小さければ血液は薄いということですね。
値は大きくても小さくでも駄目で、小さければ貧血に、大きければ血がドロドロになって血栓を起こしやすくなるそうです。
どうやら私、血が薄いらしいです(笑)。
でも、めまいは起こしても貧血ではないような気がするのですが?。
もちろん根拠はありません、ただそんな気がするだけです。
訳あって血栓症を恐れていますが、コレステロール値も問題なく、血もドロドロでなくてホッとしています。
でも、よく数値を見ると、もし女性なら値は多少低くてもすべて正常値範囲内なんですよね。
ちなみに、肝機能のクレアチニンの値ー0.74、男正常値 0.8ー1.2、女正常値 0.6ー0.9。
男女で正常範囲が異なる項目はなぜかみんなこんな値なんです。
う〜ん!・・・、これは、やっぱり!・・・・・・・かも。

※おととい久しぶりにめまいを発症!。但し、1回きりでその後は起こらず。
ああ、変な体だ・・・。

めまい [健康]

去年の4月の上旬、突然めまいに襲われました。
寝ようとしてベッドに横になろうとすると、部屋が廻り始めたんです。
[台風]ありゃりゃりゃりゃ・・・[がまん顔][がまん顔][がまん顔]
しばらく目を瞑っていて、今度は起きようと体を起こすと、また、グルグルグル[台風]
幸い吐き気などの症状のない軽いもので、数秒で治る回転性のめまいでした。
寝るときや起きたときだけでなく、頭を右に振ると起きるんですが、なぜか左では起きません。
いくら軽いといっても頻繁に起こるのは困りもので、車の運転や仕事にも差し障りが出てきます。
以前から立ちくらみのような症状はよく起きていましたが、回転性のめ
まいは初めてだったんでかなり驚きました。
私は健康診断の血色素量と赤血球数という項目(貧血検査らしい)の値がいつもとても低くて、下限ギリギリくらいの値なんで、そのせいかなとも思います。
妹もほぼ同じ症状が出ているので、遺伝性の何かがあるのかも知れません?。
主治医に症状を説明して、相談してみると
「ああ、よくあることですよ!、ほっとけばそのうち治ります」
と、まったく相手にしてくれません。
主治医の言う通りほっといて、めまいは9月まで半年間続き確かに治りました、が・・・、それから3ヶ月後にまた再発。
2度目は今年の春頃まで続き、今は一応収まっています。
めまいは昼夜所構わずいつ起こるかわからず、うっかり頭を急に動かしたりすると起こるので困りものです。
「良性発作性頭位めまい症」という、あまり心配のいらないめまい症かも知れませんがいまだ不明です。
耳石(じせき)が剥がれ落ちて三半規管に入ってしまうこと起きるとか?、なんだかよくわかりませんが?。
めまいを治す運動とか動作もあって、やってみましたがダメでした(笑)。
一度再発してますしこれで終わりということはないでしょう、また確実に再発すると思っています。
こりゃ、めまいとうまく付き合って行くしかなさそうですね。

減塩志向 [健康]

40代の半ばくらいまでは、好きなものを好きなだけ食べ飲んでいましたが、40代後半50代になると事情が変わってきます。
日頃の怠惰な生活習慣から健康診断では、高血圧、高コレステロール、高脂血症などと大概の人が診断され、生活態度を改めるよう忠告されます。
それでもさほどの異常値でもなければ忠告だけで済みますが、私の場合は血圧、上が185、下が135、中性脂肪は500以上もあり、即治療せよ!とのお達しが。
私、太ってはいないんですが母方の遺伝なのか、叔父叔母いとこと、みんな高血圧、脂質異常症を持ってるようです。
つまり普通の人より更に厳しく食事管理などしないとダメということですね。
実に迷惑な話ですが、こればかりはどうしようもありません!。
降圧剤などを飲みつつ塩分も控えめに。
薬を飲むのはただ飲むだけですからどうということはありませんが、塩分控えめは結構辛い!。
治療を契機にカップ麺などの別添えスープは半分に、天ぷら蕎麦やラーメンはスープを残す。
薄味にしたカップ麺は、それはそれは味気なく寂しいものです。
天ぷら蕎麦は、スープに浸みた天かすや天ぷらのかけらを食べつつ、スープを飲み干すことが出来ない!。これは非常に苦痛であり切ないことです(笑)。
味噌汁飲みません、トーフに醤油かけません、減塩醤油に減塩ソース。
まあ、高血圧症は痛くもないし辛くもないので、塩分など気にせず食べてしまうこともできますが後で大変なことになります。
私も最初のうちはそうでした。高血圧症と言われても、「へえ、それで?」とか思って気にしませんでした。
でも50前後にもなると、周りの同世代で脳梗塞など起こして倒れる者も出てきます。
親も歳をとり病院などの付き添いに行く機会も増え、そこで半身不随になった人とかを実際に見たり話を聞いたりします。これが結構効くんですよね。
中には30代40代で倒れた人もいて、こうはなりたくないなと思う。
それ以来、塩分は控えめで通して、今では血圧も下がりました。
しかし脂質異常症もあって、甘い物も粉物(炭水化物)も控えめにって、更に辛さは続きます、
たぶん一生(笑)。
食品メーカーさん。塩分が少なくても、美味しいもの。いっぱい食べても大丈夫なスウィーツとパンやご飯、開発してよ!!!(笑)。

でも最近は塩分控えめなカップ麺も↓
減塩カップ麺.jpg
近くのスーパーで100円くらいでした。

胃カメラ検査、当日 [健康]

いつもと同じように午前4時半頃目覚めトイレに行き、今日仕事は休みなのでまた寝る。
途中午前6時前に目を覚ましたような気がするが起きたのは7時過ぎだった。
妙な夢を見たようなので5時以降は浅い眠りだったらしい。
カメラ検査の日なので、休みなのにまったく嬉しくない(笑)。
3、4日前から風邪をひき鼻がグズグズしていて、鼻から挿入の胃カメラが非常に不安!。
食べられず飲めず、午前9時の検査時間までテレビパソコンを弄りつつ悶々と過ごす。
時間になり家を出ると陽も出ていてかなり蒸し暑い。今日の関東は曇り空でそれほど気温は上がらない予想だが、関東北西部に限っては陽が出て暑くなるらしい。
医院に到着。午前9時前なのに結構患者が多く、待合室で緊張しつつ待つ。
名前を呼ばれ、まずは血圧測定。
上142、下94といつもよりかなり高めで看護師さんに「心臓ばくばくですか?」と、笑われる。
「実は、風邪気味で鼻の調子が・・・」と言ったところ。
「わー、それはマズイ!」「下手をすると鼻血がどばぁ、と出たりしますよ」「今日は中止して、体調を整えて後日ということにしましょうよ」と、若先生。
「いや、大丈夫です!」「やってください!」と、私。
今日中止しても、やらねばならぬのは変わらず。
せっかく覚悟を決めてきたわけであり、ならば早めにやってしまった方が気が楽になる。

別室に誘導され、大きい椅子に座るよう言われる。
肩に胃の動きを止める注射を打たれる。これが結構痛い!。
しばらくして鼻血止めの薬を両鼻の中に2回噴射。
次に麻酔薬を右の鼻の穴に流し込まれる。
私の場合左側の鼻の穴は胃カメラを挿入できない形状だそう。
実際に穴が通るか確認のため、右鼻の穴に柔らかいチューブを差し込まれる。
通るのを確認後チューブを抜くと、いよいよ胃カメラ挿入!。
「力を抜いてリラックスして!」と、言われるも、こんな時にリラックスできるはずもない。
胃カメラが喉を通る時、ちょっと吐き気がしたが無事通過。
食道から胃、十二指腸。
検査中、吐き気はあまりなかったものの、胃の中にやや不快な違和感がずっと続く。
15分くらいの検査後、胃カメラは無事右鼻の穴から脱出。
「鼻血出なくて良かった!」と、若先生。
先生と若先生の見立てでは、何事もなく良好とのことで一安心。
詳細な審査結果は検査機関に送って1ヶ月後とのこと。

半日経った今でも鼻から喉にかけてほんの少し痛みが・・・。
これ、また来年もやるのかいな・・・。
でも、まだ、鼻からだから吐き気もそれほどないが、口からなら脱げ出しちゃいそう(笑)。
ひたすら右鼻の形状に感謝!!!。

胃カメラ検査、日程決定! [健康]

2週間ぶりに保険証も取得し、かかりつけ医に行ってきました。
いつもは血圧の薬をもらいに4週間おきに行っていますが、今日は降圧剤ではなく「さわやか検診」のうちのがん検診です。
自治体によって無料有料と若干違いがあるようですが私の暮らす市は全て無料です。
肺がん検診はおなじみのレントゲン検査、大腸は検便などは身体への苦痛がありませんが、胃がん検診はちょっと違います。
胃がん検診はバリウムまたは胃カメラとなり、双方共にそれなりに苦痛を伴う場合があります。
特に胃カメラはカメラが喉を通るさい「うおぇ〜っ!」(笑)となることがありハッキリ言って苦痛です。
胃カメラは口からと鼻からを選べる病院が多くなっていて、一般的には鼻からの方が苦痛が少ないと言われいますが。鼻の穴の形状などから不可能な人もいるようですし、鼻からの方が苦痛だという人もいるようで、一概にはどちらが楽とは言えないらしいです。
胃カメラなんで全然平気!という人もいますし、もう二度と検査を受けたくないという人もいますが、やはり圧倒的に後者の方が多いような(笑)。
私はバリウム、口、鼻、すべて経験しましたが全部嫌です!(笑)。
まあ、強いて言えば、やはり鼻が楽でしょうか。但し、毎回受けていて苦痛の度合いが異なるんです。
去年はちょっと苦痛でしたが、一昨年は楽で、その時の体調によっても異なるようです。
さて、今年はどうなることやら(泣)・・・。

最初の胃カメラ検診でピロリちゃんが見つかっちゃいましてね、それで毎年胃カメラやることになってしまったというわけです。
胃がんの要因はかなりの割合でピロリちゃんのせいらしいので、ピロリちゃんがいた人は毎年胃カメラ必須だそうです。
衛生状態の良くなかった昭和40年代以前に生まれた人はピロリ検診受けた方が良いかもしれません。
確かに私の子供の頃は家の近くにまだ井戸ありました。もちろん各家々は既に水道でしたが、井戸は前時代の名残りだったのでしょう。
共同井戸があって、私たち子供はその付近で遊んでいて井戸の水も飲んだような?気がします。
私の胃に住み着いていたピロリちゃんもその時は入っちゃったのかも?
ちなみにピロリ検診は、胃カメラ検査を受けた人は保険適用で受けられますが、ピロリ検診のみの場合は何故か保険適用されず実費だそうです。
ランサップ800 ピロリ退治の薬で1日2回、1週間飲み続けます。
IMG_0063.jpg
副作用が結構きつく、ピロリ菌だけでなく腸内細菌なども殺してしまうため腸内細菌のバランスが崩れ、私はひどい下痢になりました。仕事中下痢に襲われ参ったことを記憶しています。
これで8割の人が退治できるそうですが(幸い私もランサップ800で退治できました)、失敗した人は第2段階、第3段階へ進み治療を続けます。

採血をし検便の容器をもらい、胃カメラ検査日は26日月曜と決定。
それと問診。
いつものことで、自分の病歴や家族の病歴を聞かれます。
毎年やってんだから知ってるだろうが!、と思いますが、儀式のごとく行います(笑)。
看護師「タバコ、お酒は?」
私「タバコはやめました、酒は今はほとんど飲みません」
看護師「薬などでのアレルギーは?」
私「ありません」
看護師「血圧の薬以外、どんなお薬飲んでますか?」
私「へ?・・・お薬?」「えっ、と、その、あの・・・」
看護師「飲んでるんですか!」
私「いや、その、・・・頭痛薬などを時々・・・」
私はその問いに狼狽しました。
何故かというとずっと変な薬を自己判断で飲んでいて。
もし主治医にバレたら「駄目ですよ!、そんな薬、勝手に飲んじゃ!!!」と、怒られるだろなと思ったからです。
私の主治医は、女医さんと女医さんの娘さん2人なんですけど、3人とも結構な毒舌なんです(笑)。
まあ、バレる日はやがて来るでしょうが、その時はその時です。
それが何の薬かは、ここに書くこともあるかも知れませんが、書かないかも知れません(笑)。