So-net無料ブログ作成

爪割れが止まらない [健康]

爪割れが止まりません!。
左右両手、両足全部です。
クリーム塗っても全然ダメ、治る気配なし!。
特に手は困ります。
仕事は手袋しててもいいんですが、やりづらくてつい外しちゃう。
爪割れ肌荒れは以前からの私の体質で、ホルモン剤の影響ではないと思うのですが?。
なんか今年は例年になく酷いような・・・。
やっぱりホルモン剤の影響あるのかなあ、と思ったりしてます。
これは、なった人でないとわからないと思いますがかなり厄介です。
爪が割れて、割れた爪に靴下や手袋、毛布や布団などに引っ掛かるととても痛いです!!!。
割れた爪を繊維に引っ掛からないように爪切りやヤスリなどで揃えようするのですが、割れてて深爪になってるのでやりようがない(泣)。
爪が伸びるの待つわけにもいかないので、キズテープなどを爪に巻いて応急手当するしか方法がありません。
まだ冬になったばかり、爪割れとの戦いは来年4月頃まで続くのでしょうか。
nice!(0)  コメント(2) 

足の指の炎症 [健康]

5ヶ月程前くらいから足の指の間(両足)に炎症ができるようになりました。
最初は「わっ!、水虫?」と思ったのですが痒くはないし、症状や見た目などからどうも違うようです。
じゃ、何でしょうか?・・・、今だに原因わからないんですけど。
症状は「ダイアン」飲み始めて少し経ってからなんですよね。
となると「ダイアン」のせいかなとも?。
と思いつつも、ホルモン剤でそんな変な副作用聞いたことないですし。
「ダイアン」休止しても炎症は変わらず出るし。
炎症は時々起きて、市販のこのクリーム塗ると取りあえず直りますが、しばらくするとまた発症。
塗り薬.jpg
こんな繰り返しで今日まで・・・。
更に同時期、風邪に似たような症状で妙に鼻がグズグズして、特に左側の穴が詰まったようになり1ヶ月くらい治りませんでした。
これもホルモン剤を疑いましたがわからず?。
酷い症状ではないですが、何か気になる各症状ではあります。

乾燥肌、爪割れ、めまい・・・、体調は悪くないですが最近の私の体は何か変。
これらは概ねホルモン剤使用以前からの症状ですから、単なる老化現象なのでしょうか?。
nice!(1)  コメント(0) 

爪割れの原因 [健康]

「爪割れと乾燥肌」という記事を以前書きましたが、最近は手足共、爪が知らない間にか割れちゃって困ってます。

割れ爪.jpg
失礼!、汚い小指です。

原因は「加齢」、「ビタミン・ミネラル」の不足、「アミノ酸」の不足だとか。
そう言われても「加齢」以外はピンときません。
私の爪は普通より薄いんでしょうか?。
今日爪割れケア商品を見にドラッグストアに行ってきました。
店員さんの説明だと、単に爪を固めて割れ爪の補修をするだけものと爪の質を良くするものとがあるそうで、補修だけものは数百円、質を良くするものは数千円だそう。
高くても当然質を良くするものの方が良いでしょうけど高いとはいえ3〜5千円程度、そんなもので本当に爪の質が変わるのがちょっと疑問に思ったので購入せず帰ってきました。
調べて見るとネットショップの方がネイルケ商品は豊富で色々揃ってて、メール便負担しても安い。
ネットで買った方が良いかも?。
それに、爪は肌の一部で乾燥肌とどうやら関係あることが分かりました。
乾燥肌=爪割れ、みたいです。
ということは、乾燥肌を治せば爪割れも起きなくなるかも?。
乾燥肌を改善すれば同時に爪も割れにくくなるのでは?と期待しています。
今年は乾燥肌予防とネイルケア商品の二本立てで予防かな・・・。
nice!(0)  コメント(0) 

太りました [健康]

健康診断の結果が出ましたが、やはり太ってしまったようです(泣)。
デブ.png
胸も大きくなりましたが、同時にウエストの方も・・・。
前は少し緩かったはずのジーンズが丁度よくなっててびっくり!。
食事量は増えてませんし、もともと間食もしません。
歳をとると新陳代謝が低下して太ると聞きますが、太ってきたのはここ1〜2ヶ月ですからそれは考え難いです?。
以前と食事量も運動量も変わっておらず太る理由がわからないので、やはり女性ホルモンの影響ではないかと?。
もちろん確実にそうだとは言い切れませんが、それ以外思い当たりません。
ホルモン剤使用のカスタマレビューなどを見ると、太るという書き込みが散見されます。
まずいなあ〜、と思いつつどうにもなりません。
ホルモン剤のせいなら他のに変えても駄目でしょうね、止めれば戻るかも知れませんが・・・。
太ると血圧も上がるので余計にまずいですが、今のところ血圧は正常範囲内です。
ま、メチャメチャ太ったわけでもないので、様子を見るしかないんですけど。
コレステロール値も高めになりましたが、これはホルモン剤とは無関係?かとは思います。
太ったことやコレステロール値のことで、主治医から根掘り葉掘り聞かれそうな嫌な予感がします・・・。
nice!(0)  コメント(0) 

「風邪」の思い出 [健康]

やっと?寒くなってきました。
寒くなると、やはり風邪をひく人が増えるようです。
私、風邪は年がら年中ひきますが、重症にはならずいつも鼻風邪程度で治ってしまいます。
20代以降は風邪で医者に行った記憶がほとんどありません。
ところが小学生の頃はまったく逆で、2ヶ月に一度は風邪が重症化しその都度学校を休んでおりました。
何しろ小学校時代の一番印象に残る思い出が、風邪をひいて苦しかったことですから(笑)。
私は風邪をひくと重症化するタイプで、高熱が出て頭はフラフラ、身の置き所もなく辛いのなんのって・・・。
でも一番苦しかったのは吐き気で、それはそれは苦しい吐き気でした。
私が風邪をひくと必ず枕元にはいつ吐いてもいいようにと洗面器が用意されるんです。
吐く用意といいますか(笑)、母親が用意するんです。
最初のうちは吐く物が胃に入っているからまだいいですが、吐く物がなくなると黄色い水を吐きます、それがまた苦しいのなんのって!。
のちに医者が母に言っていたことを、母から聞いたのすが。
私の場合、風邪をひくと胃の中で中毒症状を起こしてしまうそうで、そのために吐き気が酷かったらしいのです。
たぶん他の同世代の子供に比べ体力が格段になかったからだと思います。
偏食と少食と遺伝?のせいで、学年で常に1、2を争うチビで体力腕力共にまったく無し。
雨の日は濡れてすぐに風邪をひくからと、小雨でも親が家から外に出してくれませんでした。
とにかくちょっとした寒暖の差でもう駄目なんです。
鼻風邪がやがて本格的な風邪に、そしてすぐ重症化。
また酷く辛い吐き気が待ってます。
育ち盛りにこれじゃ大きくなれるわけありませんよね。
今もちっちゃいのも頷けるというものです(笑)。
扁桃腺が腫れるから余計に重症化すると聞かされていた親がついに手術を決行!。
小学校5年生の時に扁桃腺を除去。
今なら簡単な手術なのでしょうけど、何しろ昭和40年代ですからね。
生まれて初めての手術はとてもとても辛かったです。
手術の甲斐あってか、さらに私なりに成長して体力もついてきたようで、その後は徐々に重症化が軽減。

辛かった風邪も今は昔の、遠い記憶となり辛さも忘れかけていますが・・・。
でもこれから歳をとって体力が衰えてくると、子供の頃に逆戻りするのでないかと本気で恐れています。
そうなったら悪夢です。
もう吐くの嫌ですから!。
nice!(0)  コメント(0) 

頭痛と血圧 [健康]

今日は最近には珍しく朝から頭痛がしてます。
と。いうわけでめまいの次は頭痛です。
今日は仕事休みなんですが、何故か休みの日の方が調子悪いです(笑)。
以前は1週間に3〜4日は頭痛に悩まされていたのですが、高血圧を改善してからは頭痛から解放されました。
私の頭痛の原因のほとんどは高血圧にあったようです。
それ以来、「あれ、ちょっと頭痛がするようだけど?」、といった程度の軽い頭痛しか起きなくなりました。
でも今日はハッキリとわかる頭痛です。
血圧を計ると低いままなので寝不足か、今は季節の変わり目なので風邪を引いたのかも知れません。
若い頃は吐き気を伴う酷い頭痛が日常的に起きていたので、懐かしいというか(笑)、「えっ!あの凄く辛い頭痛がまた」と思い、ちょっとビビりました。
朝、頭痛薬飲んだのですがまだ鈍痛がするので追加で飲むことにします。
頭痛持ちの方は多いかと思いますが、血圧の高い方は下げると劇的に改善される場合もありますので試してみてはいかがでしょうか?。
頭痛持ちで高血圧の方は若い方でも血圧を下げて損はないです。
私のように頭痛という症状が出ることもありますが高血圧はほとんどが無症状で、高いまま放置していると血管を痛めつけて脳溢血などの要因になります。
母の付き添いで病院に数年間通っていたましたが。
病院には30代で脳溢血で倒れたという方も結構いて、若くても油断はできないんだと改めて認識させられました。
まだ若いのに半身不随で不自由そうにやっと歩く様子を目の当たりにして、あんなにはなりたくないと思い、それを契機に血圧を下げる治療を始めました。
もし治療をせず高血圧のまま過ごしていたなら、ひょっとすると今頃は半身不随になっていたかも知れないのです。
あなたがもし今高血圧症ならば、治療することを強くお勧め致します!。
nice!(0)  コメント(0) 

めまい 4 [健康]

今朝寝起きに立ち上がろうとして、めまい[台風]でバランスを崩しベッドに倒れ込んでしまいました。
単にベッドの上に倒れただけなので事無きを得ましたが、頭などをぶつけたりすると大変なことになりそうです。
最近はめまいがかなり頻繁に起こるのでヤバイなあとは思っていたんですが。
実は数日前の健診の心電図検査でもベッドから起き上る時にもめまいを発症。
これからは手をついてゆっくり起き上がろうと思います。
まあ、歳を重ねて行くと身体のあちこちに様々な不具合が出てくるのかも知れませんが。
職場の中高年女性(失礼!)に聞いてみると、みなさんめまいには悩んでいらっしゃるようですが、男性はあまりめまいをうったえる方はいないようです。
めまいは血液検査で常に女性基準の結果が出る私ならではの症状なのかも知れません。
それとも、めまいの遺伝なんてあるかどうか知りませんが、妹も同じ症状なので家族性の遺伝なのかも?。
最初のうち、めまいなんて一過性のものと楽観していましたが、何となく一生治らないような嫌な予感がしてきました。
相変わらず症状は軽く命に直結する致命的な病気でもないようですが、このまま死ぬまでめまいと上手く付き合うしかなそうです。
nice!(0)  コメント(0) 

今年、健康診断3回目 [健康]

また健康診断がありました。
今年3回目で、もういいよ!、って感じです。
がん検診1回に、通常の健康診断を3回やりました。
がん検診はいいとしても、通常の健康診断は明らかにやり過ぎですね。
採血なんて今年はもう5〜6回はやってるような(笑)。
そうでなくても4週間に一度通院していて、先生の問診を受けているわけですから。
健康診断も多くやればいいというものではないでしょう。
今年は諸事情により偶然こうなってしまっただけなのですが。
来年は2回で済む予定です。それでもまあ、2回はあるんですけど・・・。

健康診断で胸を直接晒す場面はなかったのですが。
唯一、心電図の時はベッドに仰向けに寝かされて、看護師のおばちゃんが私のTシャツをおもむろにズリ上げた時は焦りました。
仰向けに寝ていたから胸が少し膨らんでいるのたぶんわからなかった?とは思いますが、おばちゃんの手が胸に当たった時は痛かったです。
今は乳首(左右両方)の辺りをちょっと押しただけでも痛いんですよ!、そろそろホントにヤバいかな〜。
ま、自業自得ですけど。
ところで、体重が1.5kg増えてしまいました(泣)。
食べてる量はたいして変わってないはずなんですが?。
ピルやパッチ剤を続けていくと、太りやすくなって体がふっくらしてくるという話も聞きますのでその影響かも知れません?。
体重の増加分、まさか胸ってことはないでしょうけど(笑)。
Kさんが食べ物の話をしている時に、「太るよ!」と言ってからかったことが度々あるんですが。
これからは言えないですね、逆に言われてしまいそうです・・・。
nice!(0)  コメント(0) 

私は介護世代 [健康]

私は年齢的には介護世代のど真ん中(40〜60代)ですが、幸か不幸か介護をした経験がほとんどありません。
父親は脳溢血で倒れましたが、救急車で運ばれそのまま手術、入院、事情により転院。
半年余りの入院生活の後死去。
母親は一度は脳梗塞を起こし入院したもの、起こした部位からほとんど後遺症のないまま通常の生活が送れるまで回復。
5年後、今度は極度の体調不良により入院、胆嚢に癌が見つかり専門病院に転院後2日ほどで死去。
というわけで両親とも介護をする機会のないままに死去いたしました。
父母、祖父母、義父母、介護を何年、十数年と続けていらっしゃる方々も多いか中、私はなんと恵まれていることかとつくづくと思います。
テレビで介護の現場などを放送して見ることもあますが、大変だろう思って見ていても自分でやった経験がないので今ひとつ実感が湧きません。
介護は誰でも無縁ではいられない問題ですが、偶然にも私はうまくスルーしてしまったわけです。
父がもう少し回復して生き続けていたら、母の脳梗塞が脳の違う部位で起こって自力で生活不能になっていたなら、恐らく状況は一変しいたことでしょう。
父の死と母の死は11年の差がありますが。
父を介護後、続いて母の介護、今も介護の日々を延々と送っていた可能性だって。
そうなっていたら、私はどうなっていただろうか。
介護殺人などと、ちょっと恐ろしいことも頭をかすめますが。
疲れ果て精神的に追い込まれたら、そんな可能性だってあったかも知れません。
介護疲れ.png

*****************************************

そして十数年後、今度は自分が介護される側になるんでしょうか?。
特に脳溢血の後遺症は恐怖です。
脳溢血でそのまま死んでしまえば良いですが、後遺症が残った状態で中途半端に助かったら最悪で、残りの人生は死ぬまで介護生活でしょう。
嫌ですね!、私は介護するよりされる方が嫌です!。
介護されるくらいならすぐ死にたいです。
横暴かつ無茶を言うと、あと10年くらい経ったら安楽死を合法化して欲しいです。
でも、それも運次第でしょう。
事実私の母は脳溢を起こしましたが、脳梗塞を起こした部位がバランスを司る部分で、多少ふらつくものの日常生活には一切支障がありませんでしたから。
同じ脳溢血を発症してもやられる部位によって、半身不随になる方がいる一方でそれほど支障もない人もいるんです。
私は母の子ですから、脳梗塞を起こしても母のように軽く済むかも?・・・。
甘いな!、そうはいかないでしょうね。
さて、どうなりますやら、神のみぞ知るですね。
nice!(0)  コメント(0) 

糖質(炭水化物)制限 [健康]

昨日のニュースやネットで糖質カット食品が続々発売とかやってましたね。
シャリの代わりに大根の酢漬けを使った握り寿司だそうですが、美味しんでしょうか?。
私は生魚ダメなのでどちらにしても食べることはありませんけど。
実は私も主治医から「粉物」はなるべく控えるようにとのお達しを頂いております。
つまり糖質(炭水化物)、米、小麦など主食系はあまり食べないようにということです。
おにぎり.jpeg
それならいっそのこと、50kアンダーを目指そうかと考えましたが。
「あんたは太ってもダメだけど、痩せてもダメ!」と言われ主治医に却下されてしまいました。
私、まとも(正常)な男じゃないので痩せ願望が女性に準じてあるので・・・。
でもなかなか実行できないでいます。
食品名でいうと、ご飯、パン、うどん、そば、パスタ、ラーメン、などですからね。
今の我々の食生活に欠かせないものばかりで、これ以外に何を食べろというのでしょうか?
そうそう芋類も炭水化物でした、ポテトサラダ、コロッケ(芋系だけダメで、クリーム系はOK)もダメなんです。
うどん.jpeg
特にダブル糖質(炭水化物)は厳禁だそうで。
ラーメン・ライス
ラーメン・チャーハン
お好み焼き定食(関東ではあまり食べませんが)
コロッケパン
焼きそばパン
ポテトサラダパン
惣菜パンを選ぶときは肉や野菜を挟んだものを選べということです。
などなど・・・、お馴染みのものばかりです。
餃子ライス.jpg
なんと餃子ライスもダメだそうです。
なぜかというと、餃子って肉や野菜を小麦粉の皮で包んでいるわけで、これで一個の完成された食物な訳です。
つまり餃子は小ぶりの肉まんみたいなもので、小さな肉まんをおかずにご飯食べてるようなもので、結局糖質を摂りすぎになるそうです。
ということは餃子を食べるときはご飯食をべてはいけないということですよね。
ラーメン・餃子も麺と皮は糖質でダブル糖質でダメ。
餃子と野菜炒めとか、ま、悪くはない組み合わせですが・・・、ご飯がないとなんか寂しいような。
私はパスタを食べるときはバケットのガーリックトースト食べたくなるんですけど、これもやっぱりダメですよね。
パン.jpeg
主食を少なめに副食を多めにということですよね。
おにぎりとかうどん蕎麦とか主食をメインに、炭水化物を多めに食べてきた我々日本人にとっては難しい食の転換のような気がします。
nice!(1)  コメント(0)