So-net無料ブログ作成
検索選択

クリマラ・パッチ [GID(GD) MtF]

クリマラ・パッチを使用して一週間くらい経ちます。
クリマラパッチ.jpg
肌に貼るだけで直接飲まないし、本当に効くのかなと、ちょっと懐疑的?。
ダイアンを始めた時はまだ真っさらな体(笑)だったのでハッキリ効果がわかりましたが、今回はダイアンを飲み続けてそれなりの体になってますので、効果がいまひとつよくわかりません。
効果を試すため、クリマラを貼ってからはダイアンは一時的に休止してます。
時々、乳首がムズムズ、胸が痒くなったりするのでやはり効いてるのかも?。
最初はお腹の下に貼ってたんですけどすぐ剥がれてしまいまい、お尻の上の方に貼ったらいい感じで張り付いていて、シャワーを浴びたり体を洗っても剥がれずにくっついてます。
貼る場所によって剥がれやすかったり剥がれ難かったりするので、いろいろな部位で試してみるしかなさそうです。
同じところに貼り続けていると痒くなるとか、かぶれるとの情報もあり、これからそんな点も気をつけたいところです。
クリマラはパッチ剤なので内臓への負担がないらしく、これが効けば良いのですが。

さて、次はMtFさん御用達、ニューハーフさんの愛用者も多い「プレモン」と「マレフェMTF」で実験(笑)。
「プレモン」は、卵胞ホルモン(エストロゲン)、「マレフェMTF」は、黄体ホルモン(プロゲステロン)というのだそうで。
卵胞ホルモンは女性ホルモン、黄体ホルモンは抗男性ホルモンで。男性が女性化する場合、エストロゲンだけでは女性化でき難く、男性ホルモンを抑える抗男性ホルモンも必要とか。
私が最初に始めたダイアンは、女性ホルモン+抗男性ホルモンの、お買い得?複合タイプだったらしいです。
ちっちゃい私なら「プレモン」だけで「マレフェMTF」は必要ないんじゃ?、と期待してるんですけどね!。
どうなりますか・・・。

気がつくと「トランスジェンダー」記事が増えてしまっていました。
「雑感」と「音楽」がメインのブログを、と思って始めたのですが・・・。
これじゃ「なんでもない普通の日記」ではないような気が。
タイトル変えようか・・・、軌道修正しようか・・・、それとも、開き直ってこのまま行こうか・・・。
nice!(0)  コメント(0) 

「俺」、が言えない [GID(GD) MtF]

「俺」と言う言葉は男性言葉の代表かも知れません。
私はこの男性言葉を、喋る、書く共にもう10年近くほとんど使用していません。
別に意識して使わなくなったわけではなく、何となく自分の中で使いづらくなっていて、使うのが何か恥ずかしいような使ってはいけないような、そんな気分になったからです。
それまでずっと男性として社会生活を営んでいたわけで、言葉遣いも普通の男性のものだったと思います。
女性化したい中性化したいという思いはあっても自分の胸中に仕舞い込んでいましたから、女性っぽく振舞ったりしたこともありません。
それなのになぜか、一人称で自分を表す男性言葉の「俺」が言えなくなってしまいました。
これにはちょっと困りましたね。
初対面の人ならいいですけど、友人知人の会話で「私」ではあまりにも他人行儀ですから。
「えっ?、何言ってんのお前!」「どうかしちゃったの?」ってなりますもん(笑)。
特に友人や身内との会話は結構気をつけてます。
馬鹿な話ですが、なるべく「一人称」を言わないような会話を心がけています(笑)。
当時は女性ホルモンサプリメントも使用していませんし、「俺」が言えなくなった理由がいまだにわかりません?。
女性化、中性化したいと言う願望が言葉に出てきたんでしょうか?。
しかしながら私は、仕草も言葉遣いも女性らしくなろうなどと思っていませんし、パス度を上げようなどとも考えていません。
あくまで自然体でいいんですよね。
自分で納得できればそれでいいわけです。
女性だって荒っぽい言葉を話す人もいますし、粗野な人もいるかも知れず人それぞれです。

やっぱり、私はどこかおかしいのでしょうか?(たぶん、おかしい!)。
ああ!、早く普通の女か男になりたい!(妖怪人間ベムか?)。
nice!(1)  コメント(0) 

恋をしてから死にます [雑記]

そういえば、しばらく恋をしてません。
なぜなら・・・そりゃ、相手がいないからですよ。
何しろ私、特殊事情を抱えてるもんですから(笑)、なかなか思うようには・・・。
でも、やっぱり恋はしたいですね。
面倒くさいって思ってた時期もあるんですけど、私を受け入れてくれる「殊勝で変な人」がいたら是非お付き合いしたいです(笑)。
「もう歳なんで、茶飲み友達でいいんです」なんて、言いません!。
中高年以降になると照れや謙遜で言う人もいるようですがこれは駄目ですね。
恋をするからにはワクワクしたいしドキドキしたい!。
茶飲み友達じゃつまらないでしょう、恋に10代も70代もありません。

ハグ.png 
ハグ2.png 
ハグ1.png

切ない想いなんて、すっかりご無沙汰かも?。
会いたくて!会いたくて!、なんて思いもしてません。
気がついたら、その人のことを考えてた、なんてこともないです。
でも、あまり濃厚過ぎるのは苦手かも?。
一緒にお茶して、一緒にご飯食べて、一緒に旅行に行って手を繋いで歩けたら、たぶんそれだけで幸せです!。
う〜ん、だいぶ清純派になってますが。
どうせなら、恋をしてから死のうと思います。
nice!(1)  コメント(0) 

冷凍パスタ [雑記]

うちの冷凍庫にここ3年間くらいは欠かさずに入っているもの・・・。
それはこの↓激安大盛り冷凍パスタです。
パスタ.jpg
いつも入ってるのは「ナポリタン」と「バター醤油味」で、ときどき「和風明太子」「うま塩あさり」「たらこ」が入っていることもあります。
他に「ミートソース」「カルボナーラ」もあるようですが、「ミートソース」は食指が動かず、「カルボナーラ」はなぜか近所で売っていません。
安くて(特売で170円くらいから)量も多くて(340g〜380g)カロリーは500kcal前後と、カップ焼きそばと同程度ですが満足度はこちらの方が断然上!。
さらにトレーも付いていてお皿なしで「チン!」してそのまま食べられます。
後片付けも必要なしで、洗剤も使わず下水も流さなず環境にも優しい。
これに「サラダ」と愛飲のブ◯ックス・コーヒーを付ければ、200円ちょっとでランチの出来上がり!。
量が多いのでこれでだけでも十分満足。
ちょっと足らないと思ったときは「ガーリックトースト」でも添えればさらに満足!。
お金のないときは助かります!(いつもないけど)。
唯一の不満は私の好物の「ペペロンチーノ」がないこと。
ねえNIPPN(日本製粉)さん、「ペペロンチーノ」もラインナップに加えてよ!。

というわけで、私の食生活がいかに貧しいものかお伝えいたしました。
朝は仕事に行く前にバナナ1本(笑)。
夜は歳なのでなるべく魚系を摂るように心がてます。
ま、育ち盛りじゃないしグルメでもないので、これでいいんでしょう。
nice!(0)  コメント(0) 

女性ホルモン 精神面 [GID(GD) MtF]

ホルモン剤を始めてから精神面でも変わりました。
もう男を意識しなくていいんだと、気分的に楽になりました。
もちろんホルモン剤を始めたばかりで男で無くなるわけはありませんから、思い込みに違いないのですが。
これから先、長年の違和感が解消されて行きそうな予感がしています。
私は完全な女性化は目指していません、男じゃなくなればいいわけで「MtX」なのかも?。
最大の理由は歳をとってしまったからです。
男として長く生きてきて、ある日「実は、私は女だったんです」って言われても周りは混乱するだけです。
最近はLBGTも知られるようになりましたが、まだまだ一般の人にとっては変態、理解を超えた異形の人に見えることでしょう。
トランスして一番の問題なのは、それまで勤めていた職場に勤め続けられるかです。
理解のある会社ならいいでしょうが、そうでないことだってあり得ます。
下手をすれば失業し、再就職も男であった時より、より難しく厳しくなることでしょう。
これは死活問題で、トランスしたばかりに路頭に迷うことになります。
トランスするならやはり、より若い方が良いと思います。
若ければやり直しもききますし、社会的にもそれほど男として認知されていないはずです。
中年になってしまうと人によっては家族を抱えている場合もあるでしょうし、会社でも中堅ベテランとなり転職もしづらく、ある程度の社会的地位もあって周りの理解が得られにくい環境なっているかも知れません。
その他、家族や親類の問題、法的問題、などなど、多くの難問が待ち受けています。
私が女性ホルモンを始めようと決断したのは、そろそろ引退の時期も近くなり、家族親戚にもそれほど迷惑もかからず、仕事をせずとも少ないながらも安定した収入を得られる年齢にこれから達するからです。
近所の人たちや顔見知りの人たちは私の変貌に驚くかも知れませんが、それで生活が破綻するわけでもありません。
静かにおとなしく周りに迷惑をかけずに生きていけばいいのです。
最後は自分の自然な性で死んでいけたらと思っています。

でも、やはり、今若ければという思いはあります。
今もトランスジェンダーに対する認知度はまだまだと思いますが、昭和50年代に比べればまだずっとマシだからです。
当時私は、女性化したいという思いをひた隠しにしていました。
たとえ親友にさえ言える状況ではなかったからです。
なるべく目立たない衣料品店に行き、レディース物をこっそり買ったこともあります。
こんな自分を、女装趣味の変態で異常な人間ではないかとずっと悩み続けていました。
前にも書きましたが、その頃は歳をとれば治ると信じてましたが、自分を安心納得させるための信仰みたいなものだったのではないかと今では思っています。
当然のことながらいくら歳をとっても治りませんでした。
当時はネット情報なんてありませんし、私のような人間は密かに自分1人で悩むしか術がなかったんです。
でも今は違いますよね!、ネットで検索すれば同じように悩む人たちが大勢いることがわかります。
ネットでホルモン剤のことを知り、多くの経験者の文章に励まされました。
変態ではなく障がいの一種であり異常なのではないと今は理解しています。
この状況でなら、もし今若ければ完全に女性化もありかなと思いますが・・・、でも、やはり、かなり悩むでしょうね。
手術は痛そうですし(笑)、アフターケアも大変みたいだし、いろいろ考えると踏ん切りがつかないかも?。
でも私は小柄で色白なので(顔、スタイルは別として)女性化にはちょっと自信があります!。
若い頃はよく女の子に間違えられましたし・・・。
そう言えば、MtFの人って背の高い人が多いみたいですけどなぜなんでしょうか?。
中には180cmを超える人も少なくなくなく、前から疑問に思ってました。
私は155cmしかなく完全な女性サイズで、女性としても今時小柄な方でしょう。
この場合恵まれてるって言えるんでしょうかね?(笑)。

もう歳だからと、自分の写真はブログにアップするを躊躇してましたが、そのうちアップする(顔以外?)かも知れません(笑)。
nice!(0)  コメント(0) 

私はホントは左利き [雑記]

右利き左利きを判断するさい、箸やペンを普段どちらで持つかは重要な判断材料になると思いますが、私は右なんですよね。
では右利きかというとそうでもないんです。
実は左の方が力が入るし、自分でコントロールしやすいんです。
通常箸を持つのは右ですが、左でもなんとか持てます。
通常ペンを持つのは右ですが、左でもなんとか書けます。
ハサミは右でも左でも使えますが、左を使った方が自分にとっては自然に感じます。
ボールなどを投げる時は常に左を使います、右では力が入らず不自然な感じでとても投げにくいからです。
以上のことを頭に置くと、さて、私は右利きでしょうか?、それとも左利きでしょうか?。
それは自分自身が一番良くわかっています。
断言します、明らかに私は左利きです!!!。
箸やペンが右なのは幼児の頃慣らされたただけであり、生まれた時から本当は左を使うはずだったのです。
私の母親は昔の人(戦前生まれ)ですから利き腕は右という先入観が根強くあったのでしょう。
生まれた自分の子供に箸を使うのを覚えさせようとするとなぜか左を使いたがる!。
利き腕は絶対に右と盲信する母親は狼狽えた。
これは由々しき問題であり、この子のためにすぐに直さねばならない!。
このままでは将来、この子が社会で恥をかくことになる!。
などと、自分勝手な正義感が燃え上がったに違いありません(笑)。
「こら!、そっちの手じゃないでしょ!」
「こっちの手を使いなさい、こっちの手を!!!」
「茶碗を持つのが左!、箸を持つのが右!
「えんぴつも、もちろん右!」
と、日夜訓練の日々が続き、子供はついには目出度く右を使うようになる。
こうして私は偽右利きにされてしまったのです。
しかしながら、社会全体が右利き用にできてますから母親の危惧も理解はできます。
左利きは野球選手以外はあまりメリットなさそうですし。
でもねえ、左利きはやっぱり左利きなんですよ。
いざという時は利き腕である左を本能的に使うし、左を使う方が自分にとっては自然なんです。
まさか、今のお母さん方はこんなことはしていないとは思いますが・・・。
利き腕はその子の自由意志に任せるのが、やはり自然ではないかと。
利き腕変更で私の心がダメージを受け、性格が多少ひん曲がった可能性も否定できません(笑)。

 *****************************************

昭和時代より今は左利きが多いように感じますが、それだけ認知されてきたということなのでしょうか?。
欧米は左利きの人多いように見えますが、国にや地域のよって差があるものなんでしょうか?。
調べてみると面白いかも知れません。
本当かどうか知りませんが、動物も利き腕(利き前足?)があるそうで。
猫は雄はほとんどが左利き、雌はほとんどが右利きだそうですが、本当なんでしょうか?。
nice!(0)  コメント(0) 

国鉄最後期切符 [雑記]

「そう言えば、電車に乗ってない!」の記事を書いた時に、古い鉄道切符がたくさん出てきたのでアップします。
注)ご面倒様ですが、画像はクリックしてご覧下さい。
切符.jpg
ほとんどが鉄道ファンのち鉄道員になった友人に付き合わされた旅行で、切符は主に友人が手配していました。
切符が大量なので、すべて私の持ち物ではなく友人のものが混ざっているかも知れませんが、今となっては詳細は不明です。
切符1.jpg
思い出せる列車もあれば全く不明のもあり、どちらかというと不明のものがほとんどです。
その中でも覚えているのは「北海道旅行」の「からまつ号」でしょうか。
友人の説明では、当時全国では4本の寝台車を連結した普通列車が存在し「からまつ号」もそのひとつで、わざわざその「からまつ号」に乗りに行った旅だったように記憶しています。
寝心地は最悪で、揺れがひどくて終点の釧路までほとんど寝られず。乗り換えた根室行きの座席車の方がかえって寝られたのは皮肉でした。
ネットで検索してみると、当時(昭和50年代)「からまつ」「はやたま」「山陰」「ながさき」という寝台車を連結した普通列車が存在していたことがわかります。
友人は4列車制覇と息巻いてましたが、その後彼が制覇できたのか私は知りません。
切符4.jpg
「周遊券」というのは、往復乗車券と旅行先の地域の乗車券がセットになっていて、域内なら乗り降り自由で急行や一部特急自由席?にも乗れた便利な切符でしたが、今はないらしいです。
切符5.jpg
青函連絡船の寝台券というのもありますね、これは覚えています。
乗船時間が確か4時間くらいなのですが、「からまつ号」と逆でちゃんとしたベッドでよく寝られたように思います。
青函連絡船も青函トンネルが開通し、だいぶ前に姿を消しましたからこれも貴重かと。
切符2.jpg
切符は国鉄最後期のものばかり(一部私鉄もあり)です。
一般の人にはただの古い紙切れでしょうが、鉄道ファン(鉄ちゃんや鉄子さん)の皆様なら見ていて面白いかも知れません?。
何しろすべての列車が今は存在しないものばかりですから。
この列車がどうとかこうとか、説明したいのはやまやまですが・・・。
残念ながら私には知識がないので、申し訳ありませんがネットで検索してみて下さい(笑)。
切符3.jpg
まだありますが、スキャンするのが面倒なのでそのうち気が向いたらアップいたします(笑)。
nice!(0)  コメント(0) 

偏愛的ではない普通のMacファン [雑記]

iPod.jpg
これiPhoneではありません。
iPod touch(第四世代〜ios10どころかios6.1.6までしか対応していません)という古い機種で、電話機能をiPhoneから抜き取ったような端末です。
WiFiは使えますからネットに繋げますし、携帯の電話番号があればLINEも使えます。
電話機能以外はiPhoneとほぼ同じで、当然のことながら回線契約する必要はありませんから買ってすぐに使えます。
以前は職場に持って行って休憩時間に音楽を聴いてましたが、最近はKindle Fireで音楽を聴いているので最近は使う機会もなく若干持て余し気味です。

私は20年以上のMac(Apple)ユーザーですが、iPhoneもiPadも使っていません。
スマホはAndroid、タブレットPCはKindle Fireです。
安いのも理由の1つですが、なぜかiPhoneやiPadに魅力を感じないんです。
ということで私はパソコンのみAppleユーザーなんです。
iMac.jpg
現在使用してるのは、iMac(Retina 4K, 21.5-inch, Late 2015) 、MacBook Pro(15.4-inch, Early 2011)で、冬眠中のiBook G4、Power Book G3を加えると全部で4台で所有してます。
MacBookPro.jpg
Macユーザーになったのは偶然でした。
90年台半ば過ぎパソコンを買おうと家電量販店に行ったもの、何も知らない私は何を買ったら良いのかわからず。
Win95が出てフィーバーした後でWinの名前は知ってましたが、漢字Talk(MacOSの当時の日本専用の名称でVer7.5.5まで、Ver7.6からMacOSに名称を統合)なんて知りませんでした。
いろいろ見て回り「展示品限り大特価」という「Performer 5260」というプリンター付きのパソコンを見つけました。
apple_powermac_5200.gif
確か値段は13万弱、当時デスクトップパソコンとしてはかなり安い方だったと思います、おまけにプリンター(Apple純正のColor StyleWriter 2200〜確かCANONがOEM供給してたと思います)付きです。
他のパソコンと比べてみてもどうやらこの店での最安値らしく、これは買いかなと判断。
その頃自営業者だった私は、たまたま持っていた売上金の中から即金で支払って買ったことを今でも覚えいます。
最初に買ったパソコンがたまたまMacで、それが今日まで続いているわけです。
つまりMacOSに慣れ過ぎていてWinはなんとなく使いづらいってことでしょうね。
Macユーザーって偏愛的的なMac愛好家、Apple製品ならなんでも買うという方々が多い中、私はちょっと違います。
実を言うと、Winにシェア競争で完敗し、どん底にいた90年代半ばから後半のAppleが私は好きです!。
ジョブズ復帰前のAppleですね。
この頃は、21世紀にはAppleという会社は存在し得ないだろうとかボロクソ言われておりました。
初めて買った「Performer 5260」で自分の店の管理をやり、店のホームページを作って売り上げを伸ばし、ホームページ作成の仕事も請け負いました。
当時まだそれほど普及していなかったインターネットを始めたにも「Performer 5260」です。
WiFiもないしブロードバンドもない時代、ダイアルアップ接続で時間を気にしながら(使った時間で課金)使っていました。
今では信じられませんが、速度が遅くて大きな画像など開こうとすると10分以上かかり諦めたこともあります。
よくフリーズしたり不具合が頻発し困らされたこともありますが、その度にMacのことを覚えていきました。
こんな思い出がいっぱい詰まっているこの頃のMacに思いは入れがあるわけです。
今のMacも好きですが、4桁数字の付いたOld Power Macや4桁数字の付いたOld Power Bookが好きです!。
こんな私ですから、MacOSが続く限りずっとMacを使い続けるような気がしてます。
というわけで、iPhoneやiPadで成功したAppleはイマイチ好きになれません。
nice!(0)  コメント(0) 

女性ホルモンの効果、途中経過報告 [GID(GD) MtF]

実はGID(性同一性障害)のことはこのブログには書かないつもりだったのですが、つい書いてしまい後に引けなくなってしまいました。
今までは女性ホルモンのことも遠回しに書いてましたが素直に書くことにします。
キワどい性的な表現も出てくるかもしれませんので、不快に思われる方はこれ以降はスルーして下さい。


女性ホルモンを始めてまだ2ヶ月半で、それ以前はプエラリアを服用してました。
副作用が怖くて女性ホルモンを使うのを躊躇していたからです。
ただプエラリアではそれほどの効果は期待できず(高価なプエラリアは効くものもあるようですが、個人差が大きいらしい)、思い切って女性ホルモンを始めました。

ここからは女性ホルモン摂取で私に起きた変化を書きます。
女性ホルモンは女性の通常服用量と同じ毎日一錠。
この量だと普通の男性では自身の男性ホルモンに勝てず効果はあまりないそうです。
最低でも2倍、3倍以上服用されているMtFの方がほとんどらしいことを考えると、この量はかなり少なく効かないのではと予想していました。
副作用のことも考えて最初は少量でスタートし徐々に増やしていけばいいと、とりあえず一錠での服用を開始。
ところが服用わずか6日で性欲がなくなり、予想外に効いていてちょっと意外な気がしました。
うまく表現できませんが、フラットな気分で平穏な心になったようで少し気分が良かったです。
1ヶ月も経たないうちに今度は胸が張ってきました。
特に左胸は何かに当たるとちょっと痛く、明らかに発育してる感じ。
右胸より左胸の方が大きく、今は触るとその差を確認できます。
自転車に乗って段差を乗り越える時など左胸がちょっと揺れるのがわかります、勿論まだブラジャーをするほどではありませんが(笑)。
体毛も薄くなり伸びも遅くなっているようです。
朝立ちも起きなくなり、精液は本来どろっとした白色ですが、さらっとした無色透明になっていて、おそらく私の性的能力はもうないのかなと思います。
今は自慰行為もできづらいし、やる気もありません。
でも本当に好きな人とならセックスはできるような気がします、もっともどんな形でどうするのかわかりませんが。
ひょっとすると抱き合って愛撫だけでも満足できるのかも?。
女性ホルモンの影響でプラトニックに傾いてきているようです。

以上ですが、私は体が小さく元々体が女性的なのか?、一般的なMtFの人より効きが明らかに良いようで一錠でも十分な効果を感じられています。
米粒より少し大きい「低用量ピル」なんですが、低用量どころか女性ホルモンの強力さを実感しました。
女性ホルモンをさらに続けて行くと体も顔つきも女性らしくなり筋力も落ちて、すべてではないでしょうが感覚や感情も女性的になるそうです。
ま、それが私の望みなんですけどね・・・。
但し、ジェンダークリニック行く気は今のとこありませんし、性同一性障害の認定をらう気もありません。
どう頑張っても、たとえ手術をしても本当の女性にはなれないし、 これはあくまで私自身の自己満足だと思っているからです。

男性ホルモンも女性ホルモンもある程度摂取してしまうと、もう元には戻れなくなるそうです。
表現は違うかも知れませんが、塩を入れすぎたからといって慌てて逆に砂糖を入れたって味は元には戻りませんものね。
本当に女性化(男性化)していいのだろうか、後悔しないか自分を改めて冷静に見つめ、安易にホルモンを始めてはいけないということですね。
子供は作れなくなるし、仕事の面でも間違いなく相当難しい立場に置かれることになるでしょう。
安易に始めてしまい後で後悔して、ついには自殺にまで追い込まれてしまった人もいるようですので。
効き方は人によってそれぞれかなり違うのでしょうが、今の私ならまだギリギリ戻れるような?気がしています。
でも、止める気はありません。
さて、私はこれからどうなるんでしょうか?。



※私の使用してきたホルモン剤は「ダイアン35」といって、女性ホルモンと抗男性ホルモンの複合タイプで非常に強力だそうですが、副作用も大きくて使用には注意が必要とのこと。
稀らしいですが、血栓症を起こしやすくなり亡くなってしまった症例もあるそうです。
服用タイプのホルモン剤はどちらにしても内臓への負担(主に肝臓)が多く、できれば肌で吸収する、貼るタイプか塗るタイプのホルモン剤の方が体には優しいそうです。
本当は体のためにはホルモン注射が一番安全だそうですが、病院を探すも大変でしょうし、性同一性障害の診断もない者にそう簡単にホルモン注射は打ってはくれないでしょう・・・。
nice!(0)  コメント(0) 

宝塚少女歌劇団 [昭和]

宝塚歌劇団。どなたでもご存知かと思います。
私は昭和後期に流行ったベルサイユのばら通称ベルばら世代なのですが、ま、一応男だったわけですし(笑)、当然のことながら興味などまったくありませんでした。
当時レコードも結構出ておりまして、レコード店には専用コーナーもあったようです。
ロックファンの私は、そんな宝塚コーナーに「なに、これ?」と、常に冷たい視線を送っておりました。
もっとも内容も何も知らなかったわけで、今思うと失礼な話なのですが。
で、時は流れて21世紀を迎えて少し経った頃、何かの本だったのか、あるいはウエブ上だったのか定かではないのですが。
宝塚2.jpg
とてもクラシックないでたちの女性たちの写真集を偶然見つけて、思わず見入ってしまいました。
昔のモノクロの風景に比較的着物姿が多いのですが洋装もいて、それぞれポーズをとって佇んでいる。
美人ばかりではないし、中にはすごい厚化粧の人もいて違和感を感じましたが、現代にはない清純さと優しさと大らかさを漂わせているように思いました。
宝塚1.jpg
ネットでいろいろ調べて「宝塚少女歌劇団」の生徒の写真だとわかり、資料を集め始めました。
オークションにもそれなりに出品されていて、人気がないのかほとんど最低価格で落札できました。
さらに宝塚歌劇団専門に扱う書店もあって、通販にも対応してくれて何冊か買いました。
宝塚3.jpg
宝塚少女歌劇団の雑誌は、舞台公演の写真、リハーサルの写真、プライベートで、と様々な生徒たちの写真を掲載。
「歌劇」は様々な読み物がメインで読み応えがあり、「宝塚グラフ」は写真がメイン。
「宝塚少女歌劇脚本解説」というのもあって、タイトル通り舞台公演の脚本集。
宝塚.jpg
他に「宝塚をとめ」というのがあって、これは宝塚グラフの特別ヴァージョンのようです。
舞台に加えこれらの雑誌は、当時若い女性たちを魅了していたのでしょうか。
ただし、当時「宝塚少女歌劇団」を観に行けた人たちは限られた中流から上流階級の人たちだけで、庶民には敷居が高かったとも聞きますが?。

当時の広告もお洒落です!
宝塚6.jpg宝塚4.jpg宝塚5.jpg宝塚7.jpg
ピアノ弾きの私としては気になる広告です。
宝塚10.jpg
アカシアンピアノ?、マイシュネルピアノ?。

今は「宝塚少女歌劇団」から少女が取れていますが、当時は「宝塚少女歌劇団」と言っていました。
宝塚歌劇団では劇団員のことを、宝塚少女歌劇団の昔から現在まで生徒と呼んでるようです。
私は今も「宝塚歌劇団」のファンではありませんし詳しいわけでもありません。
興味があるのは戦前の古い雑誌に閉じ込められた「宝塚少女歌劇団」だけです。
実は戦前の「宝塚少女歌劇団」の何に魅了されているのか、今でもわかりません?。
「宝塚少女歌劇団」に限らず大正末期から昭和15〜6年まで、政治経済から風俗まで当時の日本になぜか興味があります。
できることなら、まあ絶対不可能ですが。不謹慎ながら昭和初期の日本を旅してみたいと時々妄想しております。